お客様とのコンタクトから取引につながる過程を設計
単一チャネルからマルチチャネルへの進化が浸透しています。デジタルチャネルは、ウェブサイト、モバイル、Eメール、ソーシャルメディアのプラットフォームと多様化し、ダイレクトメール、テレマーケティング、印刷物やDRTVといった既存のチャネルを補完し、支える役割を果たしています。

チャネル進化の最前線をリードする業界リーダーとして、ReMarkはオムニチャネル時代の到来を確信しています。取引ごとに多角的なチャネルから顧客に働きかけ、顧客が直観的に望む手法で商品情報を発信できるのです。

チャネルの境界が曖昧になる中で訪れるチャンス
オムニチャネル時代の幕開けを迎え、複数のチャネルで一貫したメッセージを発信することにより、顧客へのオファーの価値を高める新たなチャンスが訪れます。

  • 付加価値のあるサービスや商品を、マーケティングコストを抑えながら提供できるチャンスが増加します。
  • 既存のディストリビューションチャネルを新たなチャネルで補完することにより、より幅広い層の顧客を、より少ないコストで獲得できます。
  • クロスセルやアップグレード活動を通して、安定したカスタマーフローと定期的な売上を確保できます。
  • 顧客コンタクト戦略を強化することにより、短期・長期的なビジネス目標の達成と顧客ニーズへの対応が可能になります。